経理代行・ネットバンクと会計ソフトの連動をご提供する吹上経理支援:名古屋、愛知、東海、中部

吹上経理通信

電子マネー非対応による機会損失
日銀の発表では、2008年の電子マネーの数は1億枚を突破したといいます。

2009年の3月の 電子マネーの流通は 貨幣の流通に比べて約2%と、依然影響力は小さなものですが、電子マネー決済の件数は1年で 約4割増、 決済額は 約3割増 となっており、今後加速度的に普及が進むと思われます。

電子マネーに対応していないお店からお客様の足が遠のく日は、そう遠くないのではないでしょうか。

例えば美容院の店舗においては、2,000円のカットのつもりで入店いただいたお客様が、お店を出る時はカラーやパーマをあわせて 15,000円 の売上をいただくようなことも多々あります。

こういったことに対応するために美容院では電子マネーやクレジットカードへの対応は必須といえます。

これは極端な例ですが、電子マネーの決済手段としての存在感が増すにつれ、他の業態の小売・サービス業でも電子マネーへの対応は必要不可欠となってくると思われます。


電子マネーの普及は、面倒ばかりではないように思います。
商売をする側としては、顧客管理や売上管理、経理事務においてメリットの方が大きいと考えられます。
これをチャンスと捉えて、より良い経営に生かしてまいりましょう!

電子商取引への対応の第一弾として、通帳データの会計ソフトへのコンバーターを制作いたしました。

名づけて 「つるっと入力おわらセル」 です。 詳細は以下のページでご紹介しております。

http://www.1hukiage.com/goods/gds_005.html

電子データの活用についてのお悩みなど、是非ともお聞かせ下さい!

吹上経理支援
代表 日高 大輔

日高大輔の日々是ベンチャー日記
日高大輔の日々是ベンチャー日記
  • メディア掲載
  • 特定商取引に関する法律の表記
  • サイトマップ
吹上経理支援
〒460-0007
名古屋市中区新栄二丁目2番24号
あいちベンチャーハウス